鳥を愛でる会の鳥活Blog@主真愛教会

東京・文京区にある主真愛教会に通う、鳥好き有志によるブログ♪

桜を見に行ってスズメを観察してきた話

こんにちは!

大型連休も過ぎましたね。
主真愛教会の ぱる です。


新生活にも慣れてくる頃かと思いますが、
同時に疲れなども出てくる時期と言われますので、
元気に過ごされることをお祈りしています。✨




さて、少し間が空いてしまったのですが
一ヶ月程度前、桜を見に行った時の話をしたいと思います。



私は雪国育ちだからなのか、
四季の中で春が一番大好きです。


少しずつ日が長くなって、空気も緩んできて、
花が咲いて華やいで。
冬の眠りから少しずつ覚めて、
春を迎えたという喜びを感じるようで嬉しくなります。


桜もとっても大好きで
毎年、桜の時期はここぞとばかりにいろんな所に見に行くのですが、
桜の時期って待ちわびてるわりには
咲き始めるとあっという間に終わっちゃうんですよね。。



今年は三週くらい週末に見に行けましたので、
まあまあ楽しめた方かなと思います。




桜って、
わりと街角でもよく植えられていたりするのですが、
花見スポットのひとつといえば、皇居!

千鳥ヶ淵公園にも行ってきました。



これは去年散ってしまった後の、北のボート乗り場



私は文京区民ではないのですが、
東京メトロ有楽町線ユーザーなので、麹町で降りて向かいました。



途中、鳥の声がやたらする~と思っていたら、
街路樹の木の中に、スズメがたくさんいて。
しばらくスズメを観察していました。



千鳥ヶ淵公園に行ったら、
思っていたよりはまだ咲いてました。
そして、やはりスズメが異様にたくさんいる。笑



わりと近いところにたくさんいて、
桜を見にきたのにスズメをしばらくずっと観察していました。


もう寒くはないと思うけど、まんまるい。
まだ冬羽ってことかな?

なんでかなぁ~と思っていたのですが、
やっぱり桜の花の蜜目当てなのかなと思いますね。




冬は食べ物があまりない話はよく聞くのですが、
どうやら春先も、木の実が底をつき、昆虫もまだ出てきていなかったりで、
エサが乏しい時期だそうです。 
意外!

桜の蜜は貴重な食べ物のようですね。


画像の参照元

スズメの「花ラッパ」
スズメの嘴の形状では蜜を舐めることができないので、
花ごとむしりとって蜜を吸うのだそうです。
「盗蜜」と言われているそうです。



桜を見にきて思いがけずスズメを見てしまったの巻。


あ、もちろん桜も見ましたよ!




自然万物はやっぱりいいですね。

新緑の爽やかなこの時期、皆さんもリフレッシュしてくださいね!


神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、
天地創造このかた、被造物において知られていて、
明らかに認められるからである。
したがって、彼らには弁解の余地がない。


ローマ人への手紙1章20節


それではまた!



GWに見た地元の桜(しだれ)。結構散ってしまっていました。
それでも結構きれいだけど。






主真愛教会 鳥を愛でる会Twitter

twitter.com


主真愛教会 公式HP

https://shushinai.org/